東洋医学

足のマッサージを受けている人

整体は西洋医学ではなく、東洋医学を活かした治療が特徴です。 西洋医学では症状のあるところをピンポイントで治療します。 しかし、整体の場合には体全体のバランスを整えることで症状が出ているところを総合的に回復させていきます。 例えば、骨盤の歪みにより腰痛が出ているのならば、骨盤の歪みを整体で整えることで体全体の調子を整えていきます。西洋医学では鎮痛剤を使ったりと、腰の部分だけに注目した治療が行われますが、整体の場合には体全体をみて治療していくのが違いです。 そのため、問診など患者さんと整体師が向き合い、コミュニケーションをしながらの治療になりやすいです。 これは患者さんの不安を聞いたり感じたりできる医療としては良い方法です。

整体というと、イメージとしては痛みなどの症状のある場所を、整体師が手などを使って整えて施術していくことがあります。 しかし、それは本当は正しい方法とは言えません。というのも、痛みのある場所に刺激を与えてしまうと、症状が悪化してしまう可能性が高いからです。 整体院によっては無理に棒などを使って押すような施術をすることもありますが、そのような痛みの伴う施術は本来は行われるべきではありません。 痛みが出ているところを刺激せずに、原因となっている骨格の歪みを治したり、整えることで行われるのが本来の整体です。 もし今通っているところで痛い施術ばかり行われるのであれば、もっと良い治療院を探してみることも考えてみましょう。